会社概要 不易糊工業株式会社 フエキ
企業理念 不易糊工業株式会社 フエキ
フエキの歴史 不易糊工業株式会社 フエキ
ご挨拶 不易糊工業株式会社 フエキ
エコロジー 不易糊工業株式会社 フエキ
アクセス 不易糊工業株式会社 フエキ
お問合せ 不易糊工業株式会社 フエキ
フエキの歴史 不易糊工業株式会社
昭和戦前 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 明治大正 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 昭和戦前 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 昭和戦後 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 平成 フエキの歴史 不易糊工業株式会社

昭和2年(1927年)

硯不要の「不易墨池」(ガラス瓶にコルク栓)を発売

「不易墨汁」開発の成功に勢いを得て、携帯並びに使用に便利な「不易墨池」を商品化しました。 容器に工夫が凝らされ好評でしたが、太平洋戦争中一時製造を中断しました。その後、この商品は墨彩すずりの開発に繋がっていきます。

昭和8年(1933年)

書記用として「不易インキ」万年筆用として「ABCインキ」を発売

この頃、筆記様式の変化として従来の筆書に加えてペン書も普及し、墨汁の他インキの需要も増してきました。このため、新たにインキ分野に進出し、書記用として「不易インキ」 万年筆用として「ABCインキ」を発売。「ABC」ブランドは全国津々浦々まで知られるところとなりました。 その後インキ需要の減少により、昭和28年10月販売を中止しました。他、輸出用として写真用「クリーム糊」(デキストリン系)を開発。また、万能強力接着剤「ベンケイ糊R」(カゼイン系)等の研究に着手した事もありました。

昭和14年(1939年)

需要の増大に伴い、大阪生野工場(大阪市生野区田島町3丁目31番地)を建設、操業を開始

昭和15年(1940年)

不易糊工業株式会社から販売部門を分離独立し、不易商事株式会社
(大阪市東区内安堂寺町1丁目8番地)を設立

昭和16年(1941年)

販路拡大のため、京都に不易商事株式会社 京都出張所を開設
名古屋に東海不易商事株式会社を設立

昭和19年、東海不易産業株式会社と改称、昭和24年諸般の事情により解散となりました。

昭和18年(1943年)

「不易インキ消」を発売

「不易インキ」「ABCインキ」の関連商品として「不易インキ消」の販売を始めたが戦後インキ同様、需要低下の傾向にあり、昭和23年にその販売を中止しました。

昭和19年(1944年)

不易商事株式会社を不易産業株式会社に改称

明治大正 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 昭和戦前 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 昭和戦後 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 平成 フエキの歴史 不易糊工業株式会社