会社概要 不易糊工業株式会社 フエキ
企業理念 不易糊工業株式会社 フエキ
フエキの歴史 不易糊工業株式会社 フエキ
ご挨拶 不易糊工業株式会社 フエキ
エコロジー 不易糊工業株式会社 フエキ
アクセス 不易糊工業株式会社 フエキ
お問合せ 不易糊工業株式会社 フエキ
フエキの歴史 不易糊工業株式会社
平成 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 明治大正 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 昭和戦前 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 昭和戦後 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 平成 フエキの歴史 不易糊工業株式会社

平成元年(1989年)

わが国最初の固形修正ペン「イスク(EASK)」が発売されました 

“こぼれず・出すぎず・振らずに使え・うすめ液も要らない” をコンセプトに開発されたわが国最初の固形修正ペン
「イスク(EASK)」が発売されました。同時に、修正テープ「EASK」を発売(10月)
スティックのり等の固形化技術を生かし、ユーカリエキス配合の清潔な固形紙めくり「カミクール」を発売。

平成2年(1990年)

老化、粘度低下防止の新「でんぷん糊組成物」の特許が登録されました

(1月31日 特許第1542003)また「保存性のすぐれた事務用でんぷんのりの開発」技術に対して、
大阪工研協会(大阪市立工業研究所)の「工業技術賞」を受賞(5月)
9月第一回国際文具・紙製品・事務機器展(ISOT‘90)が幕張メッセにて開催され当社も出展しました。(海外20ケ国出展)

平成5年(1993年)

「イスク はがき用」を新発売(1月)
「建築用油性マーカー」、「建築用ソフトカラー」を新発売(3月)
「オーグルー 補充用」新企画品発売、オーグルーデザイン変更(7月)

平成6年(1994年)

くつした止めを固形(リップ)タイプにした「ソックスグルー」を新発売(8月)

平成7年(1995年)

「オーグルー」、「スティック」の抗菌製品を新発売(2月)
「仮止めスティック」を新発売(2月)「強力スティック」を新発売(10月)

平成8年(1996年)

スポンジタイプの液状のり決定版として「アトフィスグルー」が新発売(1月)

平成10年(1998年)

「オーグルー 補充用省ゴミパック」を新発売(4月)

「事務用固形状接着剤の開発」技術に対して、大阪工研協会(大阪市立工業研究所)の「工業技術賞」を受賞しました(5月)
エコ商品(オーグルー、アトフィスグルー、スティック、でんぷんのり)を発売(9月)しました。
また、グリーン購入ネットワークの趣旨に賛同し、その会員となりました。

平成11年(1999年)

キラキラ光るマーカータイプの絵の具「ラメアート」を新発売(1月)

「ツインタイプのり」3アイテムを新発売。

平成12年(2000年)

グリーン容器色の固形のり「スティックSG」増量タイプを新発売(1月)

「ブラックイスク」を新発売(3月)

平成13年(2001年)

イスク固形修正ペン<ソフトトーン>を発売(2月)

色が消えるスティックを発売(5月)
SG25Rリフィル(SG25の詰め替え用)として発売(6月)
墨彩カラーラベルをリニューアル発売(11月)

平成14年(2002年)

アロマテラピーの要素を含めた、フレグランススティック発売(10月)

平成15年(2003年)

サビ取り消しゴムリニューアル発売(2月)
シワになりにくくスキッと接着でき、容器形状を卵型にした「エコエッグ」を発売(5月)
環境にやさしいことをコンセプトとして、主成分には多糖類を使用。
容器には再生プラスチックを90%使用している

平成16年(2004年)

ペン感覚で立体的なラインを描くことができる「デコレーション用えのぐ8色」発売(3月)
オーグルー・GKタイプに展開した、DOGシリーズ発売(5月)

平成17年(2005年)

「デコレーション用えのぐ 蛍光2色+金・銀」発売(3月)
「イスク固形修正ペン」リニューアル発売(9月)

平成17年(2005年)

アニマルの形にくり抜いたファンシー商品「アニマルカードメモ」発売

平成18年(2006年)

「デコレーション用えのぐ 細書き」発売(1月)

平成18年(2006年)

「静電気除去ペン」が発売

平成18年(2006年)

産業廃棄物を使ってのリサイクル「のり万華鏡」が発売

平成19年(2007年)

アニマルカードメモに続く、ファンシー商品「フルーツカードメモ」が発売

平成20年(2008年)

「どうぶつのりカラー」(FD16サイズ)が限定生産のカラーが発売  

平成20年(2008年)

フエキくんがキャラクター化、フエキくんグッズがライセンス販売開始  

平成20年(2008年)

高級文具シリーズ「METAPHYS」発売

平成20年(2008年)

METAPHYS 3waypen・2mm芯ホルダー・vissがグッドデザイン賞受賞

中小企業庁長官特別賞・国際文具・紙製品展2008(ISOT)にてステーショナリーオブザイヤー2008を受賞しました。

平成20年(2008年)

「どうぶつのりカラー」(FD6サイズ)が限定生産のカラーが発売

平成20年(2008年)

化粧品業界に参入し、第一弾フエキ化粧品「なかよしハンドクリーム」発売

子供から大人まで親しまれている「どうぶつのり」のキャラクターを活用した商品化。でんぷんの持つ保湿効果を化粧品原料にする。

平成21年(2009年)

1シリーズ30柄のフエキくんスティック糊を発売

平成21年(2009年)

液状のり「オーグルー」に、無香料・かわいいフエキくん10柄の液状糊を発売

平成21年(2009年)

子供から大人まで使える全身UVクリーム「なかよしUVクリーム」発売

「なかよし保湿クリーム50g」「なかよし保湿クリーム140g」「なかよしクールジェル」
「ハニーレモンマスク」「なかよしホイップ洗顔」「なかよしリップクリーム」を発売。

平成22年(2010年)

「フエキくんステーショナリー」発売

「シャープペンシル」「ボールペン」「ツインマーカー」「フィギュアストラップ」「ぷっくりタイプシール」を発売。
それに伴ってフエキくん顔のカウンターディスプレイセットを企画。

平成22年(2010年)

Play set products「モダンペット」と「どうぶつのり」のコラボ商品「モダンフエキ」発売

プレイセット中野シロウ氏とのコラボレーション企画。特徴である目を変更し、モダンペット色のアイテムを追加する。

平成23年(2011年)

「フエキくんステーショナリー2」発売

「A6ダブルリングノート」「A6ボリュームメモ」「ダイカットふせんメモ」「消しゴム」「プチフェイスシール」を発売。それに伴ってメモディスプレイセットを企画。

平成23年(2011年)

フエキくん化粧品「やさしい」シリーズを展開

「やさしいリップクリーム」「やさしいハンドクリーム」「やさしいフレッシュジェル」

平成23年(2011年)

「フエキくんステーショナリー3」発売

「えんぴつ(B・2B)」「スケジュールシール」「クリアホルダー」「ダイカットメモ」

平成24年(2012年)

「なめらかにぬれるSTICK」「はがせるSTICK」発売(3月)

平成25年(2013年)

「しわにならないのり」発売

液状タイプですが用紙がしわにならず、きれいにはれるのりを開発しました。

平成26年(2014年)

「フエキくんグルー」発売 (1月)

どうぶつのりと同じお顔の容器で、液状タイプののりが誕生しました。

平成26年(2014年)

「FCハンドクリーム」発売(9月)

コスメラインにでんぷんのりのチューブ容器をつかったハンドクリームが登場。
たくさんのメディアより取材があり、TVでも紹介されました。

平成26年(2014年)

インクジェットプリンターで「印刷できるクリアホルダー」発売 (12月)

ご家庭のインクジェットプリンターで印刷が可能なクリアホルダーを開発、発売しました。

平成26年(2014年)

「フエキくんステーショナリー4」発売 (12月)

2015年6月でどうぶつのりが40周年になり、それに向けてたくさんのステーショナリーが登場しました。
「ボールペン」「シャープペン」「ミニメモ」「フセン」「クリアホルダーW」

平成27年(2015年)

「しわにならないのり補充用」発売(6月)

平成27年(2015年)

「フエキやさしいココ馬油」発売(9月)

平成27年(2015年)

「印刷できるクリアホルダー白」「徳用パック100枚入」発売(10月)

印刷できるクリアホルダーに待望の白が登場。
地が白のため、よりきれいな印刷を可能としました。同じくしてお徳用の100枚入りタイプも発売もしました。

平成28年(2016年)

「プリントがきれいにはれる」発売(9月)

学生さん向けのプリント貼りに特化した液状タイプの糊を発売しました。

平成28年(2016年)

コスメラインより、書道用具をイメージした入浴液「墨浴」(10月)
アイライナー「墨彩筆アイライナー」(11月)発売。

平成29年(2017年)

ゲームソフト「どうぶつの森」のキャラクターをモチーフにした「どうぶつののり」を発売(2月)
タイアップとして「とびだせどうぶつの森amiibo+」内でフエキくんをモチーフにしたキャラクターの登場や、
家具などのアイテムを限定配信(2月~5月までの配信です。)

   
明治大正 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 昭和戦前 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 昭和戦後 フエキの歴史 不易糊工業株式会社 平成 フエキの歴史 不易糊工業株式会社